Ume Blog

普通のサラリーマンにちょっとだけ普通じゃない日常を!

キャンプ キャンプギア【その他】

【キャリー/カート】脱定番!定番から一歩踏み出したお洒落なアウトドアワゴンおすすめ6選【コールマンだけじゃない】

投稿日:2020年3月17日 更新日:

キャンプの際に駐車場から設営場所まで距離がある場合、多くの方はアウトドア用のワゴンで荷物を運んでいます。最もよく見かけるのはコールマンの真っ赤なワゴンです。このコールマンのワゴン、性能と価格のバランスが良く非常に人気があります。とてもいいワゴンなんですが、如何せん人と被る・・・。ちょっと個性を出したい方には物足りないんではないでしょうか。

そこで今日はコールマンの真っ赤なワゴン以外に少し個性的なワゴンを紹介します。

■アウトドアワゴン/カートとは

アウトドアワゴン(キャリー)とはキャンプで使用する荷物を一気に運ぶための台車です。耐荷重も100kgを超えるものが多く値段も1万円をきる価格帯から購入できます。

最近では専用の天板が発売されていたり、DIYで天板を作成する人もおり、カートとしての機能だけではなくテーブルとして有効活用することもできます。

出典:ナチュラム  https://maxair.naturum.ne.jp/e3267504.html

■オススメのアウトドアワゴン6選

〇ニュートラルアウトドアワ/ オフロードキャリアワゴン

極太タイヤを採用し個性的なルックスと、荒れたキャンプ地でもスムースに移動できる抜群の走破性を誇ります。 ベージュの色合いが今風でどんなスタイルのキャンプでも合いそうです。

〇 OUTPUT LIFE / グランデ キャリーワゴン

こちらはミリタリーな出で立ちと巨大なタイヤで存在感抜群なアウトプットライフのキャリーです。耐荷重は100kgと子供を乗せても十分で、実際見るとその迫力に圧倒されます。値段はちょっとお高めですが、個人的にはとてもほしいです。

〇 ロゴス /ストライプ キャリートラック

ロゴスからはポップな色合いと極太タイヤで悪路走破性も抜群なきゃりーです。容量は 130L と大きく荷物が多いキャンパーにオススメです。耐荷重は80kgを目安にしています。

〇 テントファクトリー/ オールランド ワゴン

コスパに優れたテントファクトリーのワゴンはミリタリーテイストでクールなルックスです。価格は実売価格で7000円~8000円程度と比較的低コストで購入できます。価格は安いですが、容量100L、耐荷重80kgと十分なスペックです。

〇 Hang Out /ニグルマ

少し変わり種を紹介します。まるでビンテージの家具のような荷車です。耐荷重は50kgとここまでご紹介したものには及びませんが圧倒的なお洒落さでキャンプ場で注目の的になること間違いなしです!簡単に解体できるので車に積むときはコンパクトになるのもいいですね。

〇ラジオフライヤー/クラシックワゴン

もともとはアメリカで子供のおもちゃとして販売されていたラジオフライヤーですが、そのポップなルックスからお洒落キャンパーにも大人気です。大径タイヤを装着したり、ウッドパネルでカスタムしたり思い思いのスタイルで楽しめます。憧れのワゴンです。

■どうしてもコールマンで安心したい人に

それでもやっぱりコールマンの安心感は欲しい人はコールマンの別注モデルやAmazon限定カラーはいかがでしょうか。私も人気アパレルブランド UNITED ARROWS BEAUTY & YOUTH 別注もでるのコールマンワゴンを使用していますが、キャンプ場で人と被ることもなくオススメです!

スタイリッシュなカラーリングが◎

■オススメの付属品

前段でも書きましたが、ワゴンとしてだけではなく天板を乗せてテーブル化する人が増えています。コールマン純正品も発売されていますし自分でDIYで作成するのもいいでしょう。

■まとめ

今回は他の人と差がつくお洒落なアウトドアワゴンを紹介しました。ワゴンがあるとこんなにも荷物の運搬が楽になるのかと驚きます。個人的にはファミリーキャンパーにはマストアイテムだと思っていますので是非お気に入りの一台を見つけたください!

-キャンプ, キャンプギア【その他】
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【持ち物】キャンプフェスに持ち込むべきギア4選【あると便利】

キャンプフェスでは通常のキャンプと違い、駐車場から会場まで遠いことやテントを張るスペースが限られているため、いかに軽装備で充実した時間を過ごせるかが重要になってきます。 もちろんコンパクトで軽量なテン …

【期間限定!3/27迄】アウトドア専門店ナチュラムの決算セール開催中【釣り具・キャンプ用品が激安!】

キャンプギアやフィッシング用品って結構値段が高くてなかなか買えないですよね。私もボーナス時期や臨時収入が入ったときにだけちょっと奮発して道具を購入しています。私が特によく利用しているのが、 『アウトド …

【ゼインアーツ】大雨・暴風の中 ギギ1で過ごした話【風速13m】

久しぶりのキャンプネタです。久方ぶりにソロキャンプで千葉のREWILD MUSIC FES CAMPに行きました。当日は夕方から雨が降り出し深夜帯は風速13mで豪雨のなかでのキャンプとなりました。 は …

【オススメ/迷ったらコレ!】SOTOのシングルバーナーST‐310について【定番・低コスト】

SOTOのレギュレーターストーブは非常にコンパクトながら強い火力を誇りなおかつ安いというキャンプ初心者には嬉しいところだらけのバーナーです。今回はこのバーナーの素晴らしさと弱点、弱点を補う方法を解説し …

【デイキャンプ】東京~千葉で週末に軽くピクニックをするなら葛西臨海公園が超オススメ!【コロナに負けるな!】

出典:江戸川区HPhttps://www.city.edogawa.tokyo.jp/e066/kuseijoho/gaiyo/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/ka …

カテゴリー