Ume Blog

普通のサラリーマンにちょっとだけ普通じゃない日常を!

釣り フィッシングギア【ロッド・リール】

【グリップカスタム】ズームサファリ765LのグリップをDRT風にしてみた【熱圧縮チューブ ZOOM Safari】

投稿日:2021年6月10日 更新日:

前回、アブのワールドモンスター734hのグリップを熱圧縮チューブと凧糸でツララ風にカスタムしました。

【ツララ風】熱収縮チューブによるロッドのグリップカスタム【DART風】

これに味をしめて今回はズームサファリ765LをDRT風にしてみました。

細かい説明は前の記事を読んでもらうとしていきなり巻き始め

用意するものは前回と一緒でロッドと凧糸、熱アッシュチューブ(今回は内径25mm)、セロテープです。

まずはグリップに凧糸を巻いていきます。今回は新品のズームサファリなのでビニールの上から凧糸を巻いていきます。ビニールの上から巻くことでコルクの痛みを防ぎリセールバリューがよくなりますね。

今回はDRT風なので凧糸はクロスさせず螺旋状に巻いて行くだけです。とっても簡単ですがロッドの持ち手に合わせて螺旋の向きと幅を考えてくださいね。

私は左で持つのでこの向きです。

端をセロテープで固定して準備完了です。(ビニールがついているので気兼ねなくセロテープを貼れます。)

ズームサファリはグリップが滑らかに湾曲してますがどうなるでしょうか。

あとは頃合いの長さにカットした熱圧縮チューブをすっぽりかぶせてドライヤーで熱していきます。

家庭用のドライヤーではなかなか根気が必要ですが気合いでのりきります。お金に余裕がある方はヒートガンを買いましょう。

無事巻き上がりました。どうでしょう。けっこう様になっています。

予算1000円以内!これだけでけっこう雰囲気が変わる

熱あっしチューブは通販で500〜1000円くらい、凧糸は100均ですのでコストは極小ですが見た目含めてめちゃくちゃ雰囲気が変わります。

わたしは基本的にズームサファリのコルクグリップのレトロな雰囲気が好きなのですが意外とこのラバーグリップの硬派な感じも合いそうです。

やってみて分かった熱圧縮グリップカスタムのメリット

パックロッド特有の先重り感の軽減

パックロッドは継ぎが多い分どうしてもロッドを持った時に先重り感がでてしまいます。これに対しグリップにラバーチューブを巻くことでグリップ側の重量が増し、若干先重り感が軽減します。(その分全体の重量はましますが)

コルクグリップの劣化軽減

コルクグリップは雰囲気も良くとても好きなのですが海での使用が多いとすぐ汚れたり目抜けたりします。ラバーを被せることで劣化を軽減できるためリセールバリューが上がります。

まとめ

予算1000円でガラッと気分が変わるとともにリセールバリューが上がることから個人的にはぜひやるべしだと思ってます。

よかったら巻き方の参考にしてください。

-釣り, フィッシングギア【ロッド・リール】

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【江戸川バス釣り】松戸駅から徒歩10分のふれあい松戸川でバスを狙う【ポイント紹介】

以前YouTubeで見ていってみたかったふれあい松戸川にバス釣りに行ってきました。1時間一本勝負だったこともありバスを釣ることはできなかったですが、ポイントとしてはなかなかよかったので紹介します。 目 …

【期間限定!3/27迄】アウトドア専門店ナチュラムの決算セール開催中【釣り具・キャンプ用品が激安!】

キャンプギアやフィッシング用品って結構値段が高くてなかなか買えないですよね。私もボーナス時期や臨時収入が入ったときにだけちょっと奮発して道具を購入しています。私が特によく利用しているのが、 『アウトド …

【パックロッド】アブガルシア ズームサファリ605Lを買ったのでレビューしてみる【Zoom Safari605l】

このブログの最多アクセスはアブガルシアから発売されているお洒落パックロッド「ズームサファリ」の記事です。最初に5ftモデルと7ftモデルの二本を購入しましたが、実際に使ってみるとどうしても6ftのモデ …

【ミディアムとスモールを購入】パタゴニアのブラックホールキューブが釣りバッグにちょうどいい説【patagonia】

ちょっと変わった釣り用のバッグが欲しい方必見です。パタゴニアから発売されているブラックホールキューブのミディアムがちょっとした釣行のお供に素晴らしくマッチします。今回はその理由を解説します。 出典:ロ …

【禁断の釣り】仕事の合間に釣りをするために用意すべき竿【ズームサファリ】

サラリーマンアングラーなら誰しも、仕事の隙間時間を利用して釣りができないか考えたことがあると思います。かく言う私もいつも外回りの空き時間などで釣りができないかと考えていましたが、仕事用のカバンにロッド …

カテゴリー