Ume Blog

普通のサラリーマンにちょっとだけ普通じゃない日常を!Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

漫画

【おうち時間】オススメのミステリー漫画5選【サブカル感強め】

投稿日:2020年4月16日 更新日:

さて東京では緊急事態宣言もだされ私も在宅ワークが2週間を経過しました。流石に家に閉じこもっていると暇なので漫画をよんだりしている方も多いと思います。今回は過去に引きこもって漫画を読み漁った私がオススメするミステリー系の漫画のうちオススメの5作品をご紹介します。

■SOIL/カネコアツシ(全11巻)

いきなりですが、この漫画を解説する自信がありません。そのくらい複雑怪奇なストーリーでぶっ飛んでいます。あらすじとしては、新興住宅地『そいるニュータウン』である一家の失踪事件が発生します。その不可解な失踪をカツラの刑事とその相方の冴えない女性刑事が解き明かしていくという王道のストーリーかと思いきや、巻を読み進めれば進めるほど謎が増え、一向に解決されず話は混沌としていきます。町を覆いつくす得体のしれない異物という名の謎。しまいには時空を超えた壮大な謎へと発展していきます。このカオスにカオスを塗り重ねたようなストーリーを作者がどのようにまとめるのか、最後まで分からない展開で読み終えた後どっと疲れること間違いなしです。

カネコアツシのアメコミのようなポップでちょっと無機質な画風がさらに物語の異質さを掻き立てる作品ですね。

■ホムンクルス/山本英夫(全15巻)

新宿の超一流街とホームレスが集まる公園の境目で車上生活をしている主人公『名越進』のもとに、ある日医学生の伊藤が現れ、70万円の報酬と引き換えに頭蓋骨に穴を開ける手術『トレパネーション』をしないかと持ち掛ける。その手術を受けたのち、名越は右目を瞑って左目で人間を見ると、人の深層心理が異様な形に見えるようになった。これをホムンクルスとなずけ名越と伊藤は様々な心の闇を抱える人達と交流していくというストーリー。ホムンクルスとはいったい何なのか?様々な人間関係から少しづつ自身の精神世界を見つめなおしていく名越が最後にたどり着く結論とは?読みだすと止まらない作品です。

■Monster/浦沢直樹(全18巻※完全版は全9巻)

20世紀少年で有名な浦沢直樹の最も人気のある作品といっても過言ではない。1980年代ぐらいのヨーロッパを舞台に天才日本人医師のドクターテンマはある日頭部を銃で撃たれた重傷の少年『ヨハン』の命を医院長の命令に背き助ける。それによってテンマは出世コースから外れることになるが、その数日後、院長とその取り巻きの医者達が何者かによって毒殺されているのが発見されるれ、ヨハンは双子の妹・アンナとともに病院から姿を消す。

のちにヨハンが殺人を繰り返してきたサイコパスキラーであることを知り、ヨハンを助けたことに責任を感じ始める。ヨハンを殺害し、彼による殺人を止めることによりその責任を果たさなくてはいけないと考えたテンマは、指名手配犯となり追われる身となりながら、ヨハンの行方を探る旅に出る。

本作は20世紀少年で有名な浦沢直樹の最も人気のある作品といっても過言ではないです。複雑で考え抜かれた設定やストーリで奥が深く、一回読んだ程度では理解しきらない人が多いのではないだろうか。伏線も多くあとから答え答え合わせのつもりでネタバレサイトを見ていくのも面白いのです。

■テセウスの船/東元俊哉(全10巻)

1989年(平成元年)6月24日に北海道音臼村の音臼小学校で児童16人、職員5人の犠牲者を出した無差別毒殺事件。自宅から凶器の青酸カリが発見されたため容疑者として逮捕された駐在所警察官・佐野は容疑を否認したものの死刑判決となった。残された遺族は殺人者の家族としてつらい日々を送り、息子は父のことを激しく恨んでいた。その息子はあるとき、父のえん罪の可能性を見出すため事件の舞台北海道音臼村に向かうが、そこで不可思議な霧に包まれて…。気が付くとそこは事件が起こる約半年前の音臼村だった。そこで出会ったのはイメージと違う陽気で正義感あふれる若き日の父の姿だった。最初は疑いながらも少しずつ父に心を許し過去の事件の真相を追っていくストーリー。

タイムスリップものだが、本筋はそこではなく緻密な心理描写が上手な作品でした。サスペンスミステリーですが、人と人の心のつながりにも注目してほしい作品です。

■ガンニバル/二宮正明(5巻まで出版)

山間の村「供花村」に赴任してきた駐在・阿川大悟。村の人々は大悟一家を暖かく受け入れてくれますが、ある事件をきっかけに大悟は村の異常性に気付き始める。そして彼が持った疑念は 「この村の人間は人を喰ってる」というもの。果たして村人たちは食人を犯しているのか?この村の秘密とはなんなのか?

疑わしい人が多すぎてどんどん人間不信になる漫画です。絵が上手なので読んでいて引き込まれます。ホラーミステリーといった感じですがなんしか絵が上手なのでリアリティがすごいです。今後の展開が気になる作品です。

■まとめ

今回はおうち時間を有意義に過ごしてもらえるようなオススメのミステリー漫画を紹介しました。特にオススメはSOILとMONSTER です。どちらも理解するのに非常に時間がかかるので腰を据えて読んでみてください。

〔漫画記事はこちらもどうぞ〕



-漫画

執筆者:


comment

関連記事

【おうち時間延長戦】旅に出たくなる漫画漫画のおすすめ4選

コロナによる緊急事態宣言も延長の見通しで改めて外出自粛が長引きそうですね。この間の投稿で検討していたもののうち、ゼインアーツのGIGI-1とサバティカルのルピネMが届きました。コロナが収まり次第レビュ …

【おうち時間】お洒落なヤンキー漫画のおすすめ4選【アウトロー漫画】

さてオススメ漫画シリーズも増えてきました。どんだけオススメマンガ書くねんと思われそうですがコロナのせいでアウトドアな記事のネタがないのでしょうがないのです。今回は古き良きヤンキーマンガではなく今どきの …

【オススメ漫画】キャンプに行きたくなる漫画4選【キャンプ飯】

もうすぐ春ですね!暖かっくなったらキャンプに行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回はキャンプの季節が待ち遠しくなるアウトドア漫画をご紹介します。 目次1 ■ふたりソロキャンプ2 ■ゆる …

【おうち時間/DVD】在宅中にみるべき日本のアニメ作品5選:短編作品編【ジャパニメーション】

前回までオススメの漫画を紹介してきましたが、今回は日本のアニメーション作品のオススメを紹介します。今回はさっと見れるように短編の作品をチョイスしました。サブカル色が強めなので癖のある作品が好きな方はぜ …

【おうち時間】オススメの和風ファンタジー漫画5選

コロナで在宅している方に向けて。今回は過去に引きこもって漫画を読み漁った私がオススメする日本の情景が美しく描かれている系の漫画のうちオススメの5作品をご紹介します。 目次1 ■蟲師/漆原友紀(全10巻 …

カテゴリー